商品レビュー レモン社 秋葉原店

商品レビュー パナソニック G VARIO 14-42/3.5-5.6:御茶ノ水界隈

今回の商品レビューはパナソニック【G VARIO 14-42/3.5-5.6 ASPH MEGA O.I.S】です。

一世代前のエントリーモデルの標準ズームレンズです。(センサーサイズがマイクロフォーサーズなので35mm換算すると2倍の28-84mmとなります)

こちらのレンズを同じくパナソニックのLUMIX GX7に装着して御茶ノ水界隈をぶらつきます。

最初に思いついた撮影地は東京復活大聖堂(通称:ニコライ堂)です。

こちらでレンズの絞り具合や広角・望遠を見てみたいと思います。※許可を頂いて撮影・記載をしております。

先ずは絞りから。

1/60 F5.6 ISO400 AWB

1/60 F5.6 ISO400 AWB

1/40 F22 ISO3200 AWB

1/40 F22 ISO3200 AWB

望遠側の最大絞りはF5.6になります。最大側ではしっかりとボケて最小側ではロウソク・十字架ともにちゃんと写っておりますね。

次に画角です。

14mm 1/250 F8 ISO200 AWB

14mm 1/250 F8.0 ISO200 AWB

42mm 1/250 F8 ISO200 AWB

42mm 1/250 F8.0 ISO200 AWB

しゃがんだ状態でチルトシフトを使用しての撮影になります。普段使いのレンズとして使いやすいレンズです。

ただ誠に申し訳ないのですが、中間画角の撮影を忘れておりました・・・。

こちらの機材を使用していて思ったのは、赤色がキレイだな。と言うところです。(個人の感想です)

1/25 F5.6 ISO200 AWB

42mm 1/25 F5.6 ISO200 AWB

1/125 F8.0 ISO400 AWB

14mm 1/125 F8.0 ISO400 AWB

1/500 F8.0 ISO400 AWB

1/500 F8.0 ISO400 AWB

1/200 F8.0 ISO400 AWB

1/200 F8.0 ISO400 AWB

1/250 F8.0 ISO400 AWB

1/250 F8.0 ISO400 AWB


最短撮影距離は0.3m。結構寄る事が出来るのでイメージ写真も撮影出来ますね。

1/30 F5.6 ISO400 AWB

42mm 1/30 F5.6 ISO400 AWB

撮影していて思った事は光学式手ブレ補正の恩恵を十分に受けている点です。普段だったらブレてしまう場面でもしっかりと撮る事が出来ました。

総括すると最初に使用するレンズとしては良いと思います。ただ、慣れてしまうと物足りなさが出てくると思います。

G VARIO 14-42/3.5-5.6の仕様は以下になります。

レンズ構成9群12枚(非球面レンズ1枚)
マウントマイクロフォーサーズマウント
画角W(f=14mm):75°~T(f=42mm):29°
光学式手ブレ補正○(ON/OFF可 GH2、G2、GF1、GH1、G10本体でMODE1、MODE2、MODE3の切換え可能)
焦点距離f=14~42mm(35mm判換算 28mm~84mm)
最小絞り値F22
開放絞りF3.5(ワイド端)~F5.6(テレ端)
絞り形式7枚羽根 円形虹彩絞り
撮影可能範囲ズーム全域で0.3m~∞(撮像面から)
最大撮影倍率0.16倍(35mm判換算:0.32倍)
フィルター径φ52mm
最大径×長さφ60.6mm×約63.6mm
質量約165g

担当:88

この記事のハッシュタグ

関連の記事

商品レビュー
2017/12/15

オリンパス M.ZUIKO DIGITAL ED 17mm F1.2 PRO 使用レビュー

  • #オススメ
  • #オリンパス
商品レビュー
2017/12/07

レモン社銀座店:商品レビュー シグマ30mmF1.4 DC DN(マイクロフォーサーズマウント)016

  • #単焦点
  • #ミラーレス
商品レビュー
2017/12/05

今年最後の流星群の紹介!ふたご座流星群とこぐま座流星群

もっと見る