鉄道模型・万年筆 レモン社 銀座教会堂店

ペリカン王道の万年筆M800シリーズにブラックストライプのM805!!

今回はM805の今年のニューフェースとなるブラックストライプを紹介します。以前もデモンストレーター、ティファニーとのコラボなどを紹介をしましたペリカンの王道と言われるM800シリーズの最新作です。

IMG_1125_R
店頭に陳列されたM805とK805の新品

M800といえば1997年のヨーロッパ人気コンテストで世界初の「ペン・オブ・ザ・イヤー」の栄冠に輝いた世界でも有名な万年筆で、太さ・重さ・バランスが良いと世界が認めています。また現在はサイズなどが近くよく比較されるモンブランの149よりかなりリーズナブルで購入時の割引率にも大きな差がつきました。レモン社では万年筆の取扱が銀座店だけですが、希望のニブがあれば、お取り寄せは数日です。

IMG_1198_R
M805ペン先(F)

現在ペリカン万年筆にはM300、M400、M600、M800、M1000というサイズがあり一般的にはM600シリーズがオールラウンドと言われておりました。またM805とM405はペンクリップが金でなく銀となります。また今回のM805からはペン先がロジウム装飾が金と銀とのツートンから銀の一色へと変更されています。長さはわかり易い物と比較すると、iPhone6が137mmと5mmほどの違いです。
IMG_1249_R
上からM805,M600,M400,K620

IMG_1205_R
左からM600/B、M805/F、M400/F

ちなみにK805という同色のボールペンも同時に発売されていますが、139mm/29gと、通常はモンブランのNo.18のボールペン(60年代製/122mm/12g)を日常使いにしている私には少し重く感じました。

まさに今までに生産されていた万年筆の仕上げより地味ながら存在感があるM805が今年発売されました。ここ数年は各メーカーの装飾なども進みカラフルな新製品を発売している中、このグレーともいえるモノトーン的な万年筆の登場はとても新鮮に感じました。また想像ではありますが、この様なカラーリングは使用していて飽きが来ないのではないでしょうか。

IMG_1310_R
涼しげな写真のつもりです。

このカラーの600シリーズが出たら是非欲しいと思っておりましたが、今回M805で試し書きをしてみて、お恥ずかしい事ですが初めてバランスの良さに気が付きまして、現在の次期購入候補の1番となりました。今までは、見た目重視でバランスを重視する事が無かったのです。今後、購入したら最初のインクはもちろん現行のブリリアントブラックにするつもりです。ですが今、気づくとブラック系インクも購入経験無しでありました。キャップの気密性が高いペリカン万年筆にはまさにブラックインクが良い相性なのではないでしょうか!?

IMG_1176_R
現行インクのブリリアンブラックと…

?
ペン先:ロジウムプレート/18金
機構:吸入式
長さ:142mm(収納時) 166mm(筆記時) 
重さ:29g
希望小売価格:59,400円(税込)
※筆記具は銀座教会店のみの取扱となります。

(7月30日現在の在庫は新品のMと中古のFの在庫がございます)

担当:カラサキ


関連の記事

鉄道模型・万年筆
2017/07/20

中古万年筆入荷情報 モンテグラッパ エキストラ1930 タートルブラウン

鉄道模型・万年筆
2017/06/15

中古万年筆:新入荷情報 デルタ アルファロメオ 6Cー1750 グランスポーツ

鉄道模型・万年筆
2017/04/28

中古万年筆新入荷:セーラー創立100周年記念 島桑

もっと見る