商品レビュー レモン社 銀座教会堂店

商品レビュー/フジ XF60mmF2.4R Macro

九州が梅雨入りし、関東あたりもそろそろ・・・なんて頃になりましたが、しばらく前から紫陽花がスタンバってますね。曇天ではありますが、フジX-E1+XF60mmF2.4R Macroの組み合わせでちょいと日比谷公園まで足を運んでみました。レモン社銀座店からなら徒歩10分かかりません。仕事中なので今回も近場で済ませてしまいました・・・

XF60mmF2.4R

X-E1+XF60mmF2.4R Macro

レンズ重量215g、ボディと併せても565g。見ての通りフード無し・キャップ無し・ストラップも無しでバッグに放り込んで出かけました。このXF60mmF2.4Rが90mmマクロ相当であると考えると、軽いのはやはり魅力です。

昔はリバーサルフィルム「ASTIA」を愛好していましたが、天候(曇天)を考慮してスタンダードに「PROVIA」モードで撮影してみました。

フジXF60mm/F2.4R Macro

F4.5AE 1/170 -1/3補正

花球の輪郭をある程度残しつつ背景がボケてくれるように、背後の距離を取ってF4.5で撮影。花弁のふっくら感がお伝えできるかなぁ・・・
お次は絞り開放F2.4。

フジXF60mm/F2.4R Macro

F2.4AE 1/480 -1/3補正

花球の輪郭がボケはじめました。ちゃんと芯があって、それでいて柔らかい印象の描写です。「解像力命」な性格のレンズでは神経質なボケが出るケースが多々ありますが、このレンズは解像力・ボケ味のバランスが良い印象です。
ちなみに、紫陽花のこんな「まるっ」とした球状の咲き方を「手まり咲き」と呼ぶそうです。

もう一つの咲き方が「ガク咲き」と呼ばれるもので、こんな感じの咲き方です。

F2.4AE 1/640 -2/3補正

F3.6AE 1/300 -2/3補正

なんてのんびり撮影していると耳元で野太い羽音が・・・クマバチさん乱入です。

刺激しなければすぐにどっか行ってしまいます。

刺激しなければすぐにどっか行ってしまいます。

しっかりAF合焦させる間もなく花から花へと飛び移るものですから、クマバチさんのご尊顔カットは辛うじてこの1枚だけ。顔の真ん中に黄色い三角マークが無いので雌のようです。
羽音はかなり威圧的なモノがありますが、実は温厚な性格でモフモフ感が魅力的です。こちらから攻撃的な行動を取らない限り、周りをブンブン飛んだあとはさっさと自分の持ち場に戻るのでご心配なく。
散歩中に追いかけられた、なんて方もいらっしゃるかもしれませんが、その点もまず心配ご無用です。多分あなたは雄バチの縄張りに入ったのでしょう。雄は縄張りに入った動くモノを「よく判らんが交尾できる相手かどうか確認しよう」とする性質でして、確認が済めばすぐにあなたから関心を失います。そもそも雄バチは毒針を持っていないので・・・

尚、「熊ん蜂」とも呼ばれるクマバチですが、地域によってはスズメバチを「熊ん蜂」と呼ぶのでちょっと紛らわしいですね・・・スズメバチの撮影は①極力しない②とにかく長焦点レンズを使う③センサーの利用等、撮影の自動化を図るのがよろしいかと。私はやった事ありませんけど。

ところでXF60mmF2.4R Macro、最短撮影距離は26.7cm・最大撮影倍率0.5という事で、どんだけ寄れるものやら・・・とMFに切り替えて試してみました。ヘリコイドは大変スムーズに回転します。回転ピッチはやや大きめの印象で、じわじわと前群がせせり出てきます。

フジXF60mm/F2.4R Macro

F5.6AE 1/60 -2/3補正

マクロの醍醐味。私の肉眼では捉えられない世界(主に老眼の為)がそこに。

フジXF60mm/F2.4R Macro

F2.4AE 1/160 -2/3補正

ここまで寄ると、絞り開放では体の微妙なブレでもピンを外しそう。と云うか、そもそも風が花と戯れていました。こんな時は歩留まりの勝負ですね。

フジXF60mm/F2.4R Macro

F2.4AE 1/1500 -2/3補正                                未央柳(ビョウヤナギ)と呼ぶそうですが、柳ではありません。             弟切草の仲間だそうです。

こちらも絞り開放でAE。ちょっと絞ったカットもありましたが、あまりに葉っぱの輪郭が煩くてボツとします。今更ながら、被写体との距離・背景との距離次第で選ぶべき絞りは随時変わるものですね。

換算で90mm程度の画角、程よいボケ味といった性格からXF60mmF2.4R Macroは中望遠スナップ、ポートレートにも使えそうだと感じました。

XF60mmF2.4R

F3.2AE  1/900

フジフィルム
XF60mmF2.4R Macro
レンズ構成:8群10枚(非球面レンズ1枚、EDレンズ1枚)
最小絞り:F22
絞り形式:9枚羽根(円形絞り) 1/3ステップ(全20段)
撮影距離:標準時0.6m~∞/マクロ時26.7cm~2.0m
最大撮影倍率:0.5倍
外形寸法:φ64.1x63.6mm
質量:215g(同梱キャップ・フード含まず)
フィルター径:φ39mm


担当;松(6/5撮影)


関連の記事

商品レビュー
2017/08/14

夜景をドラマチックに撮影したい! 夜景写真の撮影テクニック

商品レビュー
2017/08/13

タムロン18-400mm F/3.5-6.3 Di II VC HLD (Model B028) 使用レビュー

  • #タムロン
商品レビュー
2017/08/08

商品レビュー:キヤノン EF-S24mm F2.8 STM

  • #AFレンズ
  • #キヤノン
  • #EFマウント
もっと見る