CP+ (シーピープラス)2017 レポート【キヤノン編】

投稿者: | 2017年2月23日

こんにちは。 カメラ担当の池田です。

本日はパシフィコ横浜にて開催されていますカメラと写真映像のワールドプレミアムショー「CP+2017」に来ております。

現地より最新情報発信をしていきたいと思います。

第1発目はキヤノンブース。

一般入場が始まるとご覧の通り、多くの人で賑わっておりました。

 

CP+を前に8モデルを発表したキヤノン。

まずはミラーレス一眼のEOS M6。

約2420万画素CMOSセンサーと最新の映像エンジンDIGIC7の搭載により、高画質を実現しています。

オートフォーカス性能もアップし、動きものにも強くなりましたので、鉄道模型を撮影できるようになっていました。

 

昨年発売されたEOS M5との大きな違いは、ファインダーがあるかないかで、EOS M6は別売の新しい電子ビューファインダー「EFV-DC2」を装着することができます。

この電子ファインダーがとても見やすかったのが印象に残っています。

ボディカラーはブラックとシルバーの2色。

ちなみにシルバーのみ、電子ビューファインダーがセットになったお得なEVFキットが発売されます。限定5000台です。

4月上旬発売予定。

 

続いて一眼レフ。EOS9000DとEOS KissX9iが仲間入り。

EOS9000D

EOS KissX9i

スペックはほぼ同じで、

  1. 約2420万画素CMOSセンサーと最新の映像エンジンDIGIC7で高画質に!
  2. 動く被写体に強い!45点オールクロスAFセンサー搭載。
  3. 「デュアルピクセルCMOS AF」により高速ライブビュー撮影が可能に!
  4. 最高約6コマ/秒の高速連写。

などなどです。

EOS KissX9iとEOS9000Dの大きな違いは操作面で、EOS9000Dは中級機と同じように、カメラ上部に液晶があり、そして背面にはサブ電子ダイヤルがあります。露出補正などを瞬時に行う場合にはEOS9000Dが有利と言えるでしょう。EOS9000Dは写真を趣味したいと思っている方にピッタリだと思います。

それぞれ4月上旬発売予定。

 

レンズも1本リニューアル。

EF-S18-55mm/4-5.6 IS STM

EOS9000DとEOS KissX9iのダブルズームキットの標準レンズでもあるEF-S18-55が小型軽量化、さらには手ブレ補正効果もアップして新登場!

 

コンパクトカメラでは4機種が登場。

その中での注目はPowerShot G9X MarkⅡです。

1型センサー搭載の高品位デジカメで、デジタル一眼並みの画質が楽しめます。

この機種にも最新の映像エンジンDIGIC7が搭載されており、さらなる高画質化がはかられています。画素数は約2010万画素。

そしてこのカメラの最大の魅力は大きさ。重さはなんと206g!

ポケットに入ってしまうくらいの大きさです。

小型軽量ボディに1型センサーを搭載したこのカメラはかなり使えそうです。

 

一眼カメラとプレミアムコンパクトカメラに搭載してきた映像エンジンDIGIC7は、高画質化のほかに高感度撮影時のノイズ低減や明暗差の大きいシーンでも階調豊かに表現するオートライティングオプティマイザ、動く被写体の追尾・検出する性能などが向上しています。DIGIC7の実力は私もEOS M5で体感済みです。

 

その他のコンパクトカメラを3機種のご紹介。

PowerShot SX430 IS

約2000万画素 45倍ズーム DIGIC4+

 

IXY210

約2000万画素 10倍ズーム DIGIC4+

 

IXY200

約2000万画素 8倍ズーム DIGIC4+

 

キヤノンブースで印象的だったのはEOS5DsRで撮影した画像をPRO-4000でプリントアウトしたもの。

写真の一部をトリミングしてプリントしたものですが、さすが5000万画素。驚きの画質でした。

 

トークショーも好評で、常に多くのお客様で賑わっていました。

 

以上、キヤノンブースの様子でした。