カメラストラップ7種の紹介と選び方

2017年5月29日

こんにちわ。心斎橋 中古買取センターです。

今回は、カメラアイテムの一つ、ストラップについてお話をしてまいります。

カメラストラップには、一眼レフ用やコンパクト用などの機種別、またフローティングストラップやフィンガーストラップなど 機能面を重視した様々なストラップがあります。
最近では、多様なカラーバリエーションなど、以前と比べてオシャレとしてもストラップを楽しむことができます。
ストラップを選ぶ上での注意点や、ストラップの特徴などをご紹介。
取り付け部の幅と先端ストラップテープ幅が合っているか
カメラのストラップ取り付け部とストラップの先端テープ幅が合っていないとストラップが入らなかったりするので 購入前に必ずチェックしましょう。

カメラ本体とストラップの種類

一眼レフカメラは重量があるので、ストラップ幅が太目になっていることが多くコンパクトやミラーレスだと、
一眼レフカメラほど重量がないので、細めのストラップを装着することがでます。
持っているカメラによって適切なストラップがあるので、必ずカメラ本体との相性をチェックしましょう。

ネックストラップ

首からかけるタイプのストラップ。カメラを持ち歩きながら日常スナップをたくさん撮る時などに便利です。
カメラを落とす心配もないので、安心して持ち歩け、昔ながらのタイプになります。

ショルダーストラップ

肩掛けタイプのストラップ。ショルダーカバンのように斜め掛けするとおしゃれに見えます。

ハンドストラップ

手首に巻くタイプのストラップ。長めのストラップを邪魔に感じる方などは、ハンドストラップでしっかり
カメラを固定するので便利です。

グリップストラップ

手首に巻くタイプのストラップで一眼レフ用のしっかりしたタイプになります。

速写ストラップ

肩掛けしたストラップにカメラボディ取り付け
グリップしたまま上下へスライド出来るタイプで速写に便利なアイテムです。

フィンガーストラップ

カメラをホールドする時に指を通すストラップで、補助器具として使いカメラと手をしっかり固定
してくれるので、落とす心配がなく安心して使用できます。

フローティングストラップ

防水デジタルカメラやビデオカメラ用の浮くストラップです。
このストラップを取り付けておけば、万一カメラを水中に落としてしまっても沈まないので安心です。

おまけ:ニコン巻きの手順

カメラストラップの取り付け方にはいろいろな方法がありますが、プロカメラマンも実践する
「ニコン巻き」「報道結び」 といわれる取り付け方をおすすめしたいと思います。ます。ぜひお試しください。

   

 

   

 

   

 

   

 


レンズカビを発生させない為の保蔵方法3つ

2017年5月29日

実際にレンズに発生したカビを見てみましょう。

img_6569 img_6572 img_6568 img_6562

カビを防ぐための対処方法は色々あります。

防湿庫

その名の通り湿気を防ぐキャビネットのようなもので、電気で湿度を管理します。
ほとんどの防湿庫がガラス扉になっているので中身が見えて鑑賞にもいいものです。
ただ、少し値段が張りますが、最近は手頃の価格のものも出ていますし電気代も微々たるものです。

ドライボックス

プラスチック製の衣装ケースのような見た目ですが、ふたはシリコンゴムなどのパッキン付きで密閉できるようになっています。
中に除湿剤や乾燥剤(シリカゲル)や防カビ剤を一緒に入れて保管します。
低価格なのと、1台のカメラが入るくらいのサイズからののものがあるという手軽さがいいです。

ジップロック

これが一番安上がり。ジップロックにシリカゲル(除湿剤)と一緒に入れてできるだけ空気を抜いて密閉します。
レンズを複数持って出掛ける場合は、ジップロックに入ったまま持って行けるのも便利ですね。雨の心配もいりません。

ドライボックスもジップロックも、除湿剤がある程度湿気を吸ったら交換する必要があるので、取り換えの目安を参考にして、交換してくださいね。
また、風通しした方がいいかと思って開けておくのは間違い。容器は開け閉めすると湿度を取り込んでしまうので、必要以上に開け閉めしないこともポイントです。

カメラ保管の最適湿度は?

カメラの保管に最適な湿度は30~50%、特に30~40パーセントに保つのが推奨されています。高くても50パーセント以下ですね。
ただ、湿度が低すぎるのも他の部分の劣化を招く恐れがあるので、30%以下にならないようにしましょう。

まとめ

カビの好むのは温度が20度以上、湿度が65%以上と言われています。でも普段のちょっとしたお手入れと保管方法で大切なカメラを守ることができるので、少しだけ気を遣ってあげましょう。

ただ、大事にしすぎて保管したままより、頻繁に使ってる方がカビは生えにくいですよ。


カメラレンズにカビが発生しやすい状況とは?

2017年5月29日

こんにちは、ナニワグループ買取センター 木寺です。

今回は、レンズトラブルの一つ、カビについてお話をしたいと思います。

レンズはガラスなのでカビが発生すると思わなかった方もいらっしゃると思いますが長期間湿気のある場所

への保管、カメラバック・カメラケースに入れっぱなしでは、非常に危険です。

皆様もご存じのようにカブは高温多湿を好みます。時期でゆうと梅雨前の5月から10月ごろ、気温20度

湿度60%以上となるとカビの発生しやすい期間となります。またカビが発生・成長する為の養分としては

人間の油脂・指紋・ゴミ・ホコリなどです。高温多湿+養分(油脂・指紋・ゴミ・ホコリ)があればカビにとっては

最高の環境です。環境状態が合えばわずかな時間でもカビは菌糸を一気に伸ばして成長していきます。

カビが発生してしまった場合、初期段階であればクリーニングが可能ですが、内部に発生した場合は、レンズ

を分解してクリーニングする為、メーカー・カメラ店(修理受付)にお預け頂くことになります。

img_6568 img_6567 img_6566 img_6572

 

カビの度合いが進むとクリーニングでのカビの除去が出来ずレンズ交換が必要な場合が発生します。そうなりますと

修理料金も高額となり、見積金額を聞いてビックリするすることになりかねません。

ご自身の大切な機材を守るためにも、こまめなメンテナンスを心がけましょう。

 

 

 


懐かしのカメラ ニコン 35Ti

2017年5月29日

なつかしのカメラ 今回はニコン 35Tiを紹介いたします。

CONTAX Tで始まった各メーカーの「高級コンパクト」の流れの中で、ニコンより発売されたのが今回

紹介する35Tiです。ニコンのコンパクトカメラで初めて「Nikkor」の名を得たレンズとこのカメラ表

示がすべてアナログ式ということで話題を呼び、露出方式は3D-6分割マルチパターン測光によるプロ

グラムAEで逆光でも露出補正が必要ないほどだという一眼レフ並の分割評価測に定評がありました。

ニコンのコンパクトカメラで初めて「Nikkor」の名を得たレンズとカメラ上部にある時計の針のようなアナログメーターです。

左が距離、右の針が絞り表示、、下が露出補正、上がフィルムカウンター兼長時間露出の秒カウンター

になります。

発売年月日:1993年

レンズ   ニッコール35mm/F2.8 4群6枚 沈胴式

シャッター 電子制御プログラム式 1/500~2秒・タイム

サイズ   幅118mm×高さ66mm×奥行36mm

質量    312g


懐かしのカメラ 理研光学 STEKY(ステキ―)

2017年2月26日

なつかしのカメラ 理研光学(リコーイメージング株式会社) STEKY(ステキー)をご紹介します。

第二次世界大戦終戦後の混乱期の物資不足中、GHQによるフィルム生産制限等の影響で

映画用の16mmフィルムを使用するカメラが1947年(昭和22年)に理研光学(リコーイメージング株式会社)

より発売されました。当時、豆カメラと呼ばれるものが売り出されていましたが、どれも玩具的なものでした。

理研光学(リコーイメージング株式会社) STEKY(ステキー)は、本気の豆カメラです。

カメラ本体、望遠レンズなどみんな合わせても片手の手のひらに収まりますがずっしりとした金属ボディー

絞り、シャッターもついており、日本の職人技術の高さがうかがわれます。

フィルムは、16mmフィルムを専用マガジンにて使用、画面サイズは10X14mm

レンズ ステキナー25mm F3.5  3群3枚構成  交換レンズ 40mm F5.6

シャッターは2枚羽根 B・25・50・100

大きさ 巾41mm 高さ61mm 奥行29mm(本体のみ)

質量  120g(本体のみ)

 

名前の由来  あるとき完成したカメラの試作機をGHQの高官に見せたところ、そのカメラを手に取って

発した言葉が「ステキネー」これがSTEKY(ステキー)のネーミングの由来だそうです。

 

 


1 / 4012345...102030...最後 »