HOME > 最新記事一覧

ライカ親爺のうんちく(まだまだ)

  焦点距離区分    以前、実焦点距離のお話をさせて頂いた。手持ちの書籍に、資料があったので、記載させていただく。  加工品は公差が決められている。その中でもレンズは、プラスマイナス1/100台の公差で研磨さ…

続きを見る

ライカ親爺のうんちく(その又続き)

MLリング  遥か昔、と言っても20年ぐらい前だろうか、キャノン製ライカスクリューマウント135/3.5(黒鏡筒)をM3で使おうと思い、一緒に国産のリングを買った。その後、レモン社がライカ社との取引を始めた時に純正のリン…

続きを見る

ライカ親爺のうんちく(続々の続々)

焦点距離 商品に表示されているレンズの焦点距離は、設計上の値と異なる。有名なのは、ライカの標準レンズは設計値51.6ミリ、距離計コンタックスは52ミリが設計値になっており、スクリューマウント時代のキャノンもニコンも、いや…

続きを見る

ライカ親爺のうんちく(続続々)

改造  近年、メーカー純正の改造と云うのは極まれである。ニコンD3で内蔵バッファ―増設があり、ニコンD5でカードスロットの変更、マミヤRBで6X8マガジン対応と。マミヤ7Ⅱが出た時に改造サービスが有ったぐらいか。  オス…

続きを見る

ライカ親爺のうんちく(続々)

ライカと現像液ご存じのように、35ミリ判のフィルムは映画用のフィルムと同一である。(厳密にいうのであれば、パーフォレーションの形が異なる)テレビや、DVDでサイレント映画を見ると、コントラストが高いのに気が付く。映画は、…

続きを見る

1 / 4312345...102030...最後 »