HOME > 2014年 > 10月

Monthly Archives: 10月 2014

ライカ買取はレモン社新宿店へGO

M6写真

フィルムライカM型ボディの売却をお考えの皆様、ぜひレモン社新宿店にお持ちください。
他店より高く買わせていただきます。
M6,M3はもちろんのこと、M型ライカの買取なら、『ライカといえばレモン社』まで。
お待ちしています。
担当75
レモン社新宿店03-5909-2333

▼カメラ買取センター

カメラ買取

▼ナニワグループオンライン

bnr_blog-link

散歩日和~ネコ編~

今回は久々に暇な時間が出来たので、東京都心をぶらりと散歩してきました。

いつも通る道を一本中に入っただけで風景が変わり、喧騒と離れた世界に触れられました。

そんな中で出会ったのが自由に生きる「ノラネコ」達でした。

撮影させてくれた「ノラネコ」達をちょこっとだけ紹介致します。

 

キジトラのこの子はすぐに逃げてしまい、遠目から撮らせて頂きました。ずっと警戒されて寂しかったです…

ネコ 001-2ネコ 003-2

この子達は全く逃げずで、「ヒト」がすぐそこに居るべき存在と認識をしているようでした。

ネコ 016-2

見返り美人

ネコ 008-2

見得

ネコ 006-2

ここまで近付いても逃げなくて嬉しかったです♪

ネコ 017-2ネコ 021-2

少し進むと小さな公園があり、そこで面白い写真が撮れました。

食べられるぞ!

ネコ 025-2

ノラネコ」達はどこにでも居ます。

いつもの道からちょっと足を延ばして覗いてみて下さい。新しい友達が出来るかもしれませんよ?

最後に、うちの子です。

ミルキー 035_1

この子も元々は「ノラネコ」で、生まれたばかりの時に拾われてうちに来る事になりました。世界で一番カワイイですね!

ぬくぬくと健康に育ち、今年17歳の誕生日を迎えました!

いつまでも元気に側にいて欲しいですね。

担当 88

 

 

▼カメラ買取センター

カメラ買取

▼ナニワグループオンライン

bnr_blog-link

ペンタックスブログ第5弾 FA★24㎜/F2 鉢形城址編

さて今回はフィルム時代のレンズ!FA★24㎜/F2です。銀色の高級レンズ(高給取りにしか買えないレンズ)でした。

質感もグッドなシルバー。ヘリコイド(ピントリング)も太く、トルクもきっちり。フードも花形。充分なスペックです。

設計は少々古くなってきましたが、まだまだデジタルでも使えるということで、レンズを持って埼玉県寄居町の鉢形城址に向かいました。

鉢形城址は国の史跡となっており、中世の城郭が残っている素晴らしい山城跡です。荒川と深沢川に囲まれた堅塁はちょっとやそっとでは落ちないなと私自身も歩いてみて感じました。

ではペンタックスK10D+FA★24㎜/F2の1本勝負をおたのしみください。(画角はフィルム時代のものですので35㎜換算33㎜相当になります。逆に山登りのスナップには33㎜ぐらいがちょうどよしとも思いましたよ)

まずは東武東上線玉淀駅がスタート。

玉淀駅

晴れ晴れですが、この時期午後になるとグット冷えるので今年初のフリースを持っていきました。ちなみに記念に自分撮り↓ミラーに映り込み。

自分撮り

気をとりなおして、映画のロケでも使われる有名な東武東上線の荒川鉄橋。

鉄橋と東武電車

見えてきました荒川。やはり24㎜(実際は33㎜)は広がりのある写真にはうってつけ。はやりの超広角とは違い素直な写真になりますね。ごつごつした岩の感じの再現性もFA★24/F2なら抜群です。

荒川① 荒川② 荒川③

歩き続けると、水天宮が↓

 玉淀水天宮 玉淀水天宮②

秋の空。不思議な雲の形↓

秋の空① 秋の空②

↓は荒川の上から、東武鉄道の陸橋と東武電車。台風の後の為増水していて怖い。

 荒川④

荒川を渡ると、いよいよ鉢形城址に到着。逆光でも充分なFA★24㎜/F2.

鉢形城址① 鉢形城址② 鉢形城址③

寄居町側から行くとすぐ本丸。あれれ、こんなに簡単だとすぐ攻められちゃう??↓

本丸跡

なーんて考えていたら甘かった。ここからがほんとの広さを実感する。2の丸、3の丸跡を回ります。

鉢形城址④ 鉢形城址⑤ 鉢形城址⑥ 堀 堀②

堀がすごい、深い!マムシに注意とかスズメバチに注意って張り紙があちこちに、、、。マムシ?むむむ。

歩いていると、こんなかわいい写真もFA★24㎜/F2ならバッチグー。

どんぐり 夏の抜け殻 野草

ここで描写をチェック!左は絞りF2、右はF16。違い歴然ですね。たぶんノアザミ。

ノアザミ開放 ノアザミ絞り込み

では山を下りて、下から(荒川側、攻めて側の気持ちになってみたい)回ってみましょう。ちなみに埼玉県の名勝になっている玉淀といいます。から撮影。ちなみに歌手の福山雅治さん主演の映画『そして父になる』の映画ロケはこの玉淀です。

名勝玉淀① 名勝玉淀② 名勝玉淀③ 夕暮れ①

なかなかの描写と何よりレンズとしての質感にうっとりでした。最後に名勝玉淀から鉢形城址をバックに今日のカメラとレンズの記念撮影

記念撮影

ペンタックスのレンズはフイルム時代も、現行のデジタルレンズも素晴らしい描写。たくさんよいレンズがございます。ぜひ、試してみてくださいね。

最後にレモン社新宿店の在庫のお知らせも↓

FA★24㎜① FA★24㎜②

1本在庫ございます。45,000円でABランクです。FRキャップ フード付き(2014/10/23現在)

ぜひ、お手に取ってお確かめください。

次のペンタックスブログは11月に配信予定です。お楽しみに。

担当75 レモン社新宿店03-5909-2333まで

 

 

 

 

 

 

▼カメラ買取センター

カメラ買取

▼ナニワグループオンライン

bnr_blog-link

【中古】入荷情報 キャノンS100はいかが 実機レポート付

キャノンの高性能コンデジ、パワーショットS100BKが入荷しました!

今回は実機レポートを入れていますよ!

まずは広角側

広角① 広角② ヨド前① ヨド②

さらには望遠側

望遠

さらにさらに、5㎝マクロ

5㎝マクロ 5㎝マクロ②

型落ちにはなりましたが、まだまだ使える高画質!

なにより24㎜~120㎜まで使えるズーム、F2.0~F8.0まで絞りがダイヤルで動かせる!

明るいF2のレンズの描写力をお楽しみください

PLU2111020069125

ランク【AB】

付属 元箱一式 

販売価格¥16,000円(税込)※2014年10月17日現在販売価格

 担当75

 ※中古品(委託品)は1点モノです。販売済みの際はご容赦ください。

ブログ掲載商品をご購入希望の場合は、店頭ご来店でお願いいたします。

ご質問(商品状態や在庫等)は、お気軽に店舗までお問い合わせくださいませ。
お問い合せの際は「レモン社新宿店のブログを見た」と言うとスムーズです。

 [お知らせ]
眠っていませんか?あなたの大事なカメラ、レンズ。
お譲りください!
カメラ・レンズ・デジカメ高価買取いたします!!
詳しくはこちら→レモン社|高価買取(銀座・新宿)のページ

▼カメラ買取センター

カメラ買取

▼ナニワグループオンライン

bnr_blog-link

13日は17:00閉店となりました…

またしても台風がやって来ます。
新宿界隈は既に先ほどポツリポツリと始まりました。午後には雨脚/風ともに強まる模様です。

早め早めの対応を…

早め早めの対応を…

大変勝手を申しますが、レモン社新宿店は17:00閉店とさせていただきます。
皆様、お出かけの際は充分にお気を付け下さいませ。

 

 

▼カメラ買取センター

カメラ買取

▼ナニワグループオンライン

bnr_blog-link

【中古新着情報】ペンタックス645Zはいかが?

  645Z 645Z②

ペンタックス645Zボディ、堂々の入荷です!

PLU2111020069804

ランク【N】

付属 元箱一式 

販売価格¥728,000円(税込)※2014年10月08日現在販売価格

 担当75

 ※中古品(委託品)は1点モノです。販売済みの際はご容赦ください。

ブログ掲載商品をご購入希望の場合は、店頭ご来店でお願いいたします。

ご質問(商品状態や在庫等)は、お気軽に店舗までお問い合わせくださいませ。
お問い合せの際は「レモン社新宿店のブログを見た」と言うとスムーズです。

 [お知らせ]
眠っていませんか?あなたの大事なカメラ、レンズ。
お譲りください!
カメラ・レンズ・デジカメ高価買取いたします!!
詳しくはこちら→レモン社|高価買取(銀座・新宿)のページ

▼カメラ買取センター

カメラ買取

▼ナニワグループオンライン

bnr_blog-link

日本三大急登 谷川岳・西黒尾根を登る

9月中旬に、かねてより登りたかった谷川岳に行ってまいりました。

なぜ谷川岳かというと、日本三大急登の一つ「西黒尾根」を登ってみたかったからです!

ほとんど登山経験のない初心者のくせにTVで見てから心惹かれていたのです。

 

朝、東京から車で向かいましたが、東京はぐずついた天気で少し心配になりましたが、埼玉を超え群馬に入ったら見事に快晴!

1.赤城高原SAkからの眺め

写真は赤城高原SAにて

意気揚々と谷川岳に向かいました。

谷川岳ロープウェイの駐車場に車を止め、登山口まで舗装道路を歩きます。直射日光はキツイですがやっぱり涼しいですね。

そして憧れの「西黒尾根登山口」!

4.登山道入口

初っ端から見上げる程の急勾配ですが、いざ出陣!

ただひたすら緑の中を歩きますが、普段はビルの山に囲まれて過ごしている為、とても気持ち良く足が動きます。木の匂いや涼しい風も良いアクセントに。

そんなこんな登っていると急に視界が開けて、空に吸い込まれそうな景色が現れました。

5.登山中の眺望

ここでかなりテンションが上がりました。

それから再び森の中に入り登って行くと鎖場の登場です。

6.鎖場

足が震えるくらいの高い場所が好きな自分ですが、生身でこんな所を登るのは初めてで、手に汗を握りました。同行して頂いた某山メーカーの方は流石です。鎖を使わずにスイスイ登って行ってしまいます。

ここから何度か鎖場を登るので気が抜けず緊張しましたが、途中で見られる景色は格別なものでその度に心躍りました。

すると見えてきました、谷川岳の双耳峰です。(双耳峰とは二つの峰がまとまって、並んでいるような山のことです。)

双耳峰を望む

新潟側から大量の雲が流れており殆ど姿を見る事が出来ませんでした。

しかし、頂上を視界に捉えると俄然、やる気が出ますね!

こちらは「ザンゲ岩」という滑りやすい一枚岩。

7.ザンゲ岩

登り始めたのが10時少し過ぎで、双耳峰の一つ「トマの耳」に13時までに到着しよう。という目標でしたので無駄にラストスパートを仕掛けましたが、両足が釣りそうになる事態に…無理をするものではありませんね。

稜線に出ると群馬・新潟の天気の違いを見る事が出来ました。(左が群馬側・右が新潟側)

8.稜線から・群馬側 9.稜線から・新潟側

無事「トマの耳」に到着です。

10.トマの耳

やはり頂上は涼しいというか寒いくらいでしたので上着を着込みました。

小休止したのち、もう一つの頂上「オキの耳」に向かって出発。10~15分位で到着しました。

12.オキの耳

オキの耳で昼休憩。景色が良い所でのご飯はより美味しく感じますね。

ここから天神尾根ルートを通り下って行ったのですが、疲れと膝の筋を痛めてしまい撮影どころでは御座いませんでした…日頃の運動不足を痛感です。

天神平まで出てロープウェイで降りてきました。所要時間約10分!早い!

13.ロープウェイ

その後は、地元の温泉で疲れを癒し、帰路につきました。

初心者にはハードな登山となりましたが、にも恵まれ、とても気持ち良く登れたので最高の一日となりました。勿論、翌日は筋肉痛と戦いました。

因みに昔はレモン社にも登山サークルらしきものがあったそうです。

担当:88

▼カメラ買取センター

カメラ買取

▼ナニワグループオンライン

bnr_blog-link

中古新着情報 コニカ デュアルヘキサノン21-35/3.4-4はいかが

 ディアルヘキサノン21-35 デユアルヘキサノン21-35

コニカ デュアルヘキサノン21-35/3.4-4 入荷です!

PLU2111020067534 

ランク【AB+】

付属 元箱 FRキャップ ファインダー フード ケース 

販売価格¥230,000円(税込)※2014年10月05日現在販売価格

委託中古になりますので、返品、保証はございません。

 担当75

 ※中古品(委託品)は1点モノです。販売済みの際はご容赦ください。

ブログ掲載商品をご購入希望の場合は、店頭ご来店でお願いいたします。

ご質問(商品状態や在庫等)は、お気軽に店舗までお問い合わせくださいませ。
お問い合せの際は「レモン社新宿店のブログを見た」と言うとスムーズです。

 [お知らせ]
眠っていませんか?あなたの大事なカメラ、レンズ。
お譲りください!
カメラ・レンズ・デジカメ高価買取いたします!!
詳しくはこちら→レモン社|高価買取(銀座・新宿)のページ

▼カメラ買取センター

カメラ買取

▼ナニワグループオンライン

bnr_blog-link

今月はCanonフェア!

10月のレモン社は「Canonフェア」再び!なのです。
Canonボディ&レンズは買取強化実施中、委託手数料もWANTED!と云うことで、お預かりから2か月間、15%適用中です♪(最低手数料¥5,000-、2か月以降は通常手数料となります)

又、新品ボディお求め/ご予約の方にはトランセンドSDHC UHS-1 16GBを
新品レンズお求めの方には「CURA」製レンズクリーナーセットをプレゼント中です!

EEEマークが液晶に現れたら、名残惜しいけどお別れです。

EEEマークが液晶に現れたら、名残惜しいけどお別れです。

写真のカメラは名機「T90」です。当時としては測光方式を一発で切り替えられるなんて、画期的に感じたものでした。豊富な機能を一身に搭載したこのカメラ、当時は「タンク」と綽名されたものです。

ところで「初代F-1」も重戦車なんて呼ばれた事がありましたが、なんで戦車を「タンク」と呼ぶ?と疑問に感じられる方もおられるのでは…?

第一次大戦のヨーロッパにおいて、初めて近代的な戦車が戦線に現れました。長期の塹壕戦が続く状況下、歩兵を随伴して戦線突破を図るべく登場しました。最初に開発・実戦投入したイギリス軍では、ドイツ側に情報が漏れるのを恐れ、秘匿名称を「水運搬車」としていたのですが…これって、英語表記すると「Water Carrier」、略して「W.C.」となりまして、いわゆる雪隠、厠、便所、お手洗い的な物と同じになってしまう事に気が付いたわけですね。で、苦し紛れに「水タンクって事にしよ?」となり、戦車が「タンク」と呼ばれるようになったとか…

実際に「W.C.」のまま運用していたら、不衛生な前線の事ですから案外ドイツ側から「月何マルクで貸し出すのか?」なんて問い合わせがあったかも知れません。そんな事になれば、とっとと戦争も終わったかも…紛争だらけの最近、そんな馬鹿な事を考えてしまいました。

 

 

 

 

▼カメラ買取センター

カメラ買取

▼ナニワグループオンライン

bnr_blog-link