HOME > 鉄道模型 > 鉄道模型入荷情報:珊瑚キューロク

鉄道模型入荷情報:珊瑚キューロク

2016年1月6日

今回の鉄道模型入荷情報は珊瑚模型店の9600型です。

9600型は国鉄の前身の鉄道院の時代1913年(大正2年)デビューしました。そのずんぐりしたスタイルは「キューロク」と呼ばれ長く鉄道ファンから親しまれてきました。我が国初の本格的な国産貨物用テンダー蒸気機関車で、約800両製造されて四国を除いて全国と樺太等で活躍しました。やがて、D50、D51の登場で幹線運用から外されて地方線へと活路を見出して、意外と長寿で国鉄最後まで稼働した蒸気機関車でした。

珊瑚9600

本モデルは直近にレストアされていて、デフ、スノーブローが取付られえいます。さらにカプラーはケーディ#148が付けられています。

9600型のボイラーの中心位置が2561mmと狭軌鉄道としは異常に高いが、これは火室を台枠の上に置くというドイツ製の8850型を踏襲したため。重心が高いのと動輪径が小さいことで常用速度が65Km/hと高速走行が不得手。

9600型 上方

空気作用管取付、全再塗装済。
珊瑚模型店は日本型HO鉄道模型の老舗で古典的蒸気機関車の造詣が深い。珊瑚においては
9600型が1972年よりキットが発売され幾多のバリエーションが存在しますが、ユーザーのデティールアップの楽しみを含んだ製品です。

9600型うしろ姿

優美なうしろ姿です。

珊瑚 9600型 HOゲージ レストア済 ランクAB+ 元箱付 委託品
                                    税込¥65,000

お問い合わせは
  〒104-0061 東京都中央区銀座4-2-1 銀座教会堂ビル8F
             レモン社鉄道模型コーナーまでご用命下さい