HOME > 2017年 > 3月

Monthly Archives: 3月 2017

商品レビュー:ZEISS Loxia 2/50

今までレンジファインダー用のZEISSレンズをレビューしましたが、ソニーα7用のLOXIA 2/50をレビューしました。

ZEISS Loxia 2/50(1)

新宿御苑

ソニーα7用のレンズは3つのカテゴリーに分かれます。

  1. Batisシリーズ
    フルサイズのAFレンズ
  2. Loxiaシリーズ
    フルサイズのMFレンズ
  3. Touitシリーズ
    APS-CサイズのAFレンズ
    ※FUJIFILM Xシリーズ用もあります

ボディはα7Sを使用しました。

1、商品仕様

  • 焦点距離:50mm
  • 絞り値:f/2.0-f/22
  • 撮影距離:0.45m-∞
  • レンズ構成:4群6枚
  • フィルター径:52mm
  • 全長:59mm(キャップ類を除く)
  • 重量:320g

 

2、耐逆光テスト

ZEISS Loxia 2/50(5)

逆光テスト

左から開放(F2)、F5.6、F16です(開放での露出オーバーは操作ミスかも知れません)。
デジタルカメラ専用の設計が活きていて、ゴーストやパープルリングの発生が抑えられています。

 

3、周辺光量落ち

ZEISS Loxia 2/50(4)

周辺光量落ち

全絞りでほぼ変わらない結果でした。上の写真はF8で撮影したものです。

 

4、解像度

ZEISS Loxia 2/50(7)

遠近感

デジタルはのHDR効果(本レビューではOFF)もあり、白飛びや黒つぶれがカバーされキレイな写真が撮れます。
その恩恵は大きなものですが、代わりに遠近感を損なってしまい平面的な感覚に陥ってしまうこともあります。
一枚の写真では判断し難いところがありますが、十分立体的に表現出来ていると思います。

ZEISS Loxia 2/50(6)

遠近感2

一番手前の木はフィルムだと完全に黒つぶれしていると思います。

 

5、近接

ZEISS Loxia 2/50(9)

最短撮影

ZEISS Loxia 2/50(10)

最短撮影

いつものKITTE内にある旧郵便局長室からの写真です。今回は開放ではなく中間絞りでのテストです。
無限遠では標準レンズでも高い解像度を示してくれました。

 

6、スナップ

ZEISS Loxia 2/50(11)

KITTE

窓越しの柔らかい日差しと床の木目の質感。カメラの設定を変えていないにもかかわらず、今までの写真とはことなる性格を持つレンズと感じました。

ZEISS Loxia 2/50(8)

新宿御苑

春らしい色が目につくようになってきました。気の早い花見も見受けられ、新宿御苑の入園前にアルコールの持ち込みチェックを受けました。
花見にちょうどいい色合いです。青空に映えていました。

ZEISS Loxia 2/50(12)

スナップ

白黒モードで撮影しました。金属の質感も悪くはありません。

ZEISS Loxia 2/50(13)

スナップ(隅田川)

やはり標準レンズの最短撮影距離は45cm前後がちょうどいい距離感です。レンジファインダー用レンズの「寄れない」のは慣れが必要です。今回は撮影に苦労しませんでした。

7、感想

α7用のZEISSの方がナチュラルな感じがしました。操作感は全く問題なしです。絞りの間隔の長さは慣れてしまいました。

よく写るレンズで不満がないのが不満かも知れません。敢えて買う必要があるのか、コスパを考えてご判断下さい。

 

担当:いりえ

万年筆のおすすめ1本 パイロット ジャスタス

ここしばらくは新入荷のお知らせが続きましたが今回は自分が所有している万年筆の中からダントツに使用頻度が高く、1本で数本分のお得気分になるパイロットジャスタスを紹介します。入手したのはもちろん中古でしたが、今までにない機能にはビックリしました!以前このブログにてパイロット95周年の復刻版となるジャスタス95の新品の取扱をお知らせしましたが、今回はその95でなく初代のジャスタスです。ジャスタスとは調節を意味するAJUSTに由来しJUST(ちょうど)+US(私たち)を組み合わせ“私たにちょうどいい”を表す造語とのことです。


ジャスタス95の元箱。初代のロゴは残念ながらは見た事がありません…

以前、レモン社では逆輸入のパイロットナミキブランドのナミキ・ファルコンという万年筆が爆発的にヒット商品となり海外からの輸入が足りない時期があったくらいでしたが数年前にナミキブランドでの生産がなくなり現在はパイロットブランドでエラボーとして生産は続いていますが、この2本のオリジナルの発売が70年代後半で、ほぼ同時だという事を恥ずかしながら最近になって知りました。ちなみに、その当時のジャスタスは現在とはもちろん物価は違いますが、定価が1万円(95の定価は現在3万円+消費税)だったようです。

左が初代で右が95です。一回り以上ニブが大きいのです

そしてこのジャスタスの機構についてですが、首軸にコントローラーとなるアジャストリングがあり、これを回す事によりペン先の板状にみえる部分がスライドしペン先のしなりをS(ソフト)からH(ハード)へと設定ができる仕組みになっています。1本でもペン先のタッチを柔らかく、または硬く調整できるのです。(ペン先が柔らかいといってもファルコン、そしてエラボーほどの柔らかさではありません)その後、ナミキ・ファルコンの生産が無くなり2013年に復刻されたジャスタス95を購入しましたががオリジナルと比べるとSとHの変化が少ないように感じます。

アジャストダイアルの刻印です

上がH、下がSサイドですが、明らかにタッチと字の太さが違います。 

さらなる初代との違いは明らかに違うサイズでした。同軸が太く、長く、重さも、そして当然ですがペン先まで全てビッグサイズになっているのです。これが自分の第一印象でした!どちらかというと重くない万年筆といえるモンブラン145、ペリカンはM400を選んだ人間にはこのサイズの違いが大きく見えました。これに関しては人それぞれの好みなので良いとも悪いとも言えません…

毎回の様ですが長さ比べです。95はペリカンのM800より長いんです!

国産の万年筆は他のメーカーにもオリジナリティな作品が多く存在しますがパイロットの技術力と商品化は素晴らしいと思います。数年前にはカクノという金ペンではない安価(樹脂軸、特殊合金のペン先で実売価格が千円以下)の万年筆が2013年にグッドデザイン賞となりなした。次はキャップレス、エラボー(ファルコン)、ジャスタスの様なオリジナルのあっと驚く発想となる金ペンの登場を期待しております!!!



最後に6本で長さ比べも。もちろんカクノも購入しています。

担当:レモン社 銀座教会堂店 カラサキ

 

 

 

新入荷情報 モンブラン アレキサンドル・デュマ ボールペン

今回の入荷情報はモンブランが1992年より特別限定品として作家に敬意を表し、著者を称え焦点を当て販売を始め2017年現在も続く作家シリーズ(初回の1992年はヘミングウェイ)のなかの第6弾となる1996年の発売のフランスの19世紀における最も重要な小説家・劇作家のひとりであるアレキサンドル・デュマボールペンです。このアレキサンドル・デュマの生年月日は1802年の7月24日です。そして没年月日が1870年12月5日とのことです。

右のカタログは2007年当時の物です

アレキサンドル・デュマは生涯なんと300以上の作品を残したそうですが、ベストセラーの中でも圧倒的に有名なのは1844年に新聞(世紀)に連載された「三銃士」ではないでしょうか!?この三銃士は昨年だけでも日本ではNHKドラマでイギリスBBC制作の「マスケティアーズ」、韓国制作の「三銃士」とアレキサンドル・デュマ原作のドラマが立て続けに放送されました。わが家でも毎週の放送が楽しみでした。


なかなか写真では再現が難しいダークブラウンです

そしてこのアレキサンドル・デュマの限定品は他とは違うエピソードがあります。限定数は万年筆が20,000本で単品が15,000本、ボールペンとペンシルとのセットが5,000本、ボールペンは単品で9,000本、メカニカルペンシルが9,000本とのことですが、実はこのデュマに関しては前代未聞の2種類のサインである刻印が存在するのです。


これが作家シリーズの元箱です


父デュマのサインがゴールドで入り側面には限定数の刻印があり

アレキサンドル・デュマの息子(子デュマ)の名前もアレキサンドル・デュマであり有名な作家ですが、モンブランは父親のサインを刻印するはずのところを工程上のミスがあり誤って息子のサインの刻印で販売をしてしまったのです!!!その後父親(大デュマ)のサインで販売しなおされたとの事で、モンブランでは回収をしたそうですがイレギュラー品となり返品もされなかった子デュマのサインミスの流通数が不明であるそうです。ちなみに現在は大デュマと子デュマのサインによる中古相場にはほとんど差がないかと思われます。そしてレモン社ではこのところの入荷品は作家シリーズに関しては今まで圧倒的に単品が多く、3本セットは中古市場でも減ってきているようです。


何故かメカニカルペンシルの元箱…

さらにアレキサンドル名を検索したところ、ヨーロッパの男性名でアレクサンドロス大王に由来している事はご存知かもしれませんが、実は大デュマの父もフランス軍人でトマ=アレキサンドル・デュマ名であったそうです。そして今回紹介のボールペンは大デュマのサインですが、何故か小さな?ミスがあり元オーナーが当時新品で購入されたそうなのですが販売店のミスなのか元箱がボールペンでなくメカニカルペンシルなのです!!しかしダークブラウンと大理石を思わせるボディに金色で剣がシンボライズされたクリップと見事にデュマの風格が再現されている作品といえます。


クリップの剣の刻印が印象的です


最後にサイズが分かりやすい164ボールペンとの長さ比べです。

【詳細】
本体素材:樹脂
機構:ツイスト式
全長:約132mm(リフィール収納時)
同軸径:約15mm
重さ:約31g
付属品:元箱(メカニカルペンシル)、ブックレット
販売価格:55,000円(税込)

こちらはカメラのナニワオンラインショップからもお求めいただけます。
在庫店舗はレモン社 銀座教会堂店(3/16現在)です
PLU:2111012043836

担当:レモン社 カラサキ

 

 

 

 

 

 

 

商品レビュー:フォクトレンダー スーパーワイドへリア 15mm F4.5 ASPHERICAL III

今回の商品レビューはレモン社ではまだ取扱のないフォクトレンダー(コシナ)のEマウントレンズシリーズからスーパーワイドヘリア15mm F4.5アスフェリカルIII(以下、SWH15/4.5ASPH III)を選択しました。
オートフォーカスではなくマニュアルフォーカスですが、5軸ボディ内手ブレ補正機能を搭載した機種にも対応しているというありがたい設計が施されています。今や手ぶれ5軸補正は当たり前になりましたので。また実使用上ではファインダー内での拡大表示されるのでピント合わせが容易にでした。

試写にあたりソニーα7Sを使用しました。

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asperical III(1)

最初の写真はアイキャッチのオリジナルです。アイキャッチは季節外れの加工を施しましたが、上記写真は解像度が高くメリハリのある写真です。細い小枝の一本一本まで描写されています。

1、周辺光量落ち

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asperical III(2)

周辺光量落ち:開放F4.5

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asperical III(3)

周辺光量落ち:F11

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asperical III(4)

周辺光量落ち:最小絞りF22

開放ではやや周辺光量落ちが認められますが、絞り込む程に均一性が増して気にならなくなります。
イメージサークルの大きさかボディの画像最適化の恩恵でしょう。

2、耐逆光性

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asperical III(5)

耐逆光性:開放F4.5

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asperical III(6)

耐逆光性:F11

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asperical III(7)

耐逆光性:最小絞りF22

パープルリングも極めて薄く抑えられています。
今まで試した(SWH15/4.5 VM含む)超広角レンズの中で、トップクラスの耐性を誇っています。
また逆光にあって雲が白飛びしないのも驚きの一つです。

3、ディストーション

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asperical III(8)

ディストーション

画角110°の15mmともなれば建物が傾いてしまうのは仕方がありません。
但し、庭に歪みはほとんどありません。

4、スナップ

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asperical III(9)

スナップ写真:新宿御苑1

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asperical III(10)

スナップ写真:新宿御苑2

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asperical III(11)

スナップ写真:新宿御苑3(レタッチ)

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asperical III(12)

スナップ写真:新宿御苑4

SUPER WIDE-HELIAR 15mm F4.5 Asperical III(13)

スナップ写真:新宿御苑5

色のあるところに国籍関係なく人が集まっていました。ピンクの花を見ると春めいてきてワクワクしますね。

5、商品仕様

  • 焦点距離:15mm
  • 口径比:1 : 4.5
  • 最小絞り:F22
  • レンズ構成:9群11枚
  • 画角:110°
  • 絞り羽根枚数:10 枚
  • 最短撮影距離:0.3m
  • 最大径×全長:φ66.4×62.3mm
  • フィルターサイズ:φ58mm
  • 重量:298g
  • レンズフード:レンズ一体式
  • 絞りリング:装備(マニュアル絞り)
  • 電子接点:フォーカス拡大機能、Exif情報対応、レンズ補正選択可能、5軸ボディー内手ブレ対応(5軸対応ボディーに限る)
  • その他:絞り切り替え機構付

6、ご購入につきまして

3月7日現在、店頭、オンラインショップで販売しておりません。
但し、ご予約及びお取り寄せは承っております。ご不便をお掛け致しますが店舗またはオンラインショップにお問い合わせ下さい。

7、感想

VMマウントより鏡胴が太い分だけ、ホールド感もよくヘリコイドの操作性が高く感じました。
描写は癖もなくナチュラルな仕上がりになりますので、レタッチして作為を前面に押し出す場合の加工がし易いです。
電子接点により絞り情報がファインダー内で確認出来るのが秀逸でした。
オススメの一本です。
以上です。

 

担当:いりえ