HOME > 2014年 > 12月

Monthly Archives: 12月 2014

2014年ありがとうございました。2015年は初売りセールからスタートです♪

2014年もレモン社のブログをご利用いただき誠にありがとうございました。
2015年が皆様にとって素敵な一年になりますように。
レモン社スタッフ一同

2014年ありがとうございました。2015年は初売りセールからスタートです♪

ライカ R4ゴールド+ズミルックスR50/1.4ゴールド


2015年初売りセール
中古品すべて表示から5%割引いたします!」を1月4日(日)と5日(月)の二日間開催いたします。
レモン社の中古品のカメラ・レンズ、万年筆、鉄道模型が店頭表示価格から5%割引!
2015年初売りセール期間中、中古品は他の割引との併用は出来ません。
※※2015年1月4日(日)は休日営業のため、AM11時開店~PM5時閉店となりますので、ご注意ください。

トワイライトがなくなる

トワイライトエクスプレスのことです。
下段の写真は右からトミックスのEF81トワイライト色 プレステージモデル、カトーのEF510カシオペア色、トミックスのEF510北斗星色です。寝台特急牽引車が勢ぞろい。
 それぞれHOの程度の良い委託品または買取中古品です。

特急牽引車

特急牽引車

トワイライトエクスプレスは
来年の春、なくなるということですが、下り、大阪発札幌まで1,495.7Kmを22時間かけての運行。一度は乗ってみたい。日本海の夕日を見てみたい。ビールでも呑んでいい夢を見て、目が覚めたら雪の札幌と、想うのは私ひとりではない筈。チケットはプレミアを呼んで数十万円とも、さすがアベノミクス。かつて昔JR西日本の社長は「わが社は時間をお売りするのです。新幹線は日帰り出張で宿泊費を浮かすことができますが、だがしかし、ゆったりと旅を味わいたい方はそのコストを負担して下さい」とさすが企業家らしい。
 それはごもっとも、だが私めお金も時間もないのでとりあえず鉄道模型の写真でも撮るのが精一杯。今回モデルのなったのは、トミックスのEF81トワイライト色プレステージモデルです。お正月は鉄道模型三昧と行きたいですよね。走らせて遊ぶのはプラで充分ですよ!

EF81トワイライト

EF81トワイライト

鉄道模型のトワイワトもそろそろなくなりそう。 

トミックス、カトー HO鉄道模型高価買取、委託歓迎します。

 年末年始の営業案内

  年内 12月31日まで営業(31日は5時まで)

  年明け 1月4日より営業(5時まで) 

初売りセールのお知らせ(なるべく来てください)

来年の話をすると鬼が笑うなどと言われますが、来週の話だから構いませんよね?
2015年1月開店早々、初売りセールを開催いたします!

銀座・新宿の両店とも、中古品は表示価格から5%OFFいたします!
※三越日本橋店は当セールを行いません
※委託品は対象外です
※他の割引との併用は致しかねます

例えばこんな感じで・・・Canon EF400mm/f2.8IS II
表示価格¥860,000-が¥817,000-に!

EF400mmF2.8ISⅡre

三脚座あたりに使用感あり

 

 

 

 

 

 

 

他にも・・・カツミ 国鉄151系ABCセット11両
表示価格¥400,000-が¥380,000-に!!

カツミ国鉄151系ABCセット11両

ランクAの美品です。2007年製

 

 

 

 

 

 

 

まだまだ!デルタ ドルチェビータ オーロ
表示価格¥48,000-が¥45,600-に!!!

ドルチェビータ オーロ

コンバーター付属。M

 

 

 

 

 

 

 

営業開始は店舗により変動がありまして、

  • 新宿店は1月3日から営業
  • 銀座店は1月4日から営業
  • 日本橋三越店は1月2日から営業

となります。銀座店・新宿店とも、1月5日までのセールです。

2014年中は大変お世話になりました。2015年も変らずご贔屓の程宜しくお願い申し上げます。

 

 

【中古】キヤノン EF50mm F1.0L USM

中古品入荷のご案内。
使いこなすのは大変難しいレンズですが、写真が決まれば、かなり気持ち良いこと間違いなしです!

キヤノン EF50mm F1.0L USM
PLU:2111011793855
発売日:1989年9月
発売時価格:366,000円 (ケース・フード付き)
ランク:【AB+】
レモン社保証:なし
販売価格:¥520,000 (税込) ※2014年12月26日現在

キヤノン EF50mm F1.0L USMは、発売当時35mm一眼レフカメラ用として世界最大口径を誇る標準レンズでした。
開放F1.0でのボケ味を強くしたい写真を撮る場合は、被写界深度がかなり浅くなりますので、三脚などでカメラ・レンズを固定してからの撮影が、失敗の少ない良い写真が撮れると思われます。

今回の中古 キヤノン EF50mm F1.0L USMですが、外観やレンズに年代相応の目立つキズや汚れは特にありません。
付属の専用フードES-79に小キズやスレなどの使用感が少々見られます。
全体的には、良い状態を保っています。

キヤノン EF50 F1.0L USM_2111011793855a_R

キヤノン EF50 F1.0L USM (正面)

キヤノン EF50 F1.0L USM_2111011793855b

キヤノン EF50 F1.0L USM (後面)

キヤノン EF50 F1.0L USM_2111011793855e_R

キヤノン EF50 F1.0L USM+EOS 5Dとの組合わせ ※EOS 5Dはデモ機のため非売品

キヤノン EF50 F1.0L USM_2111011793855f_R

キヤノン EF50 F1.0L USMに専用フードES-79を取付け ※EOS 5Dはデモ機のため非売品

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中古品(委託品)は1点モノです。販売済みの際はご容赦ください。

お問い合わせ・ご質問は店舗までお気軽にお問い合わせくださいませ。
「レモン社銀座のブログを見て電話をしています。」と、お伝え頂くと話がスムーズに進みます。

【年末年始営業のお知らせ】
~2014年12月30日 通常営業
2014年12月31日午前11時~午後5時まで(短縮営業)
2015年1月1日~2015年1月3日休業
2015年1月4日~通常営業
※店舗により営業日、営業時間がことなりますのでご注意ください

丸の内 de ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

1969年に発売を開始した第2世代のズミクロン35mm/2(6枚玉)。
第1世代の8枚玉が6群8枚の構成だったのに対して4群6枚の構成となっております。
また大半がカナダ製ですがドイツ製も存在し、ドイツ製を探されていらっしゃるお客様が少なからずいらっしゃいます。ライカはドイツ製が求められます。

鏡胴はブラッククロームで、このレンズ以降カメラのボディもブラックが好まれるようになったようです。
私も最初のライカ(M6)はブラッククロームでした。

このレンズはカナダ製・ドイツ製で大別する以外に、絞りリングに小さな指かけ(通称「ツノ付き」)があるものが前期、操作性を重視しツノのないものを後期と分けられています。

既に35~45年以上も前のレンズなので、残念ながら中玉にクモリがあるものが多くなってきています。
実際、使用してみると写真には影響のないものがほとんどですが、安い買い物ではありませんので二の足を踏んでしまいますね。販売する側もお客様のご判断に委ねざるを得ません。

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

銀座教会前の外堀通り沿いにある柳

銀座教会店を出て直ぐに目に飛び込んでくる柳です。
背景のビルとの明暗比は高いのですが、f2.8まで絞ると柳はしまってきます。日の当たっている右側のビルはややぽわぁっとした感じでデジタル用のレンズとは違う描写になります。

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

東京国際フォーラム

SIGMA DP3 Merrill

東京国際フォーラム(SIGMA DP3 Merril)

いつもの東京国際フォーラムでの一枚です。
アングル、画角ともに違いますがシグマのデジカメで撮ったカッチっとした写りはなく、光を窓から取り込んだような空気感を強く感じます。

 

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

KITTEテラスにある美味しそうなミッキー

美味しそうだった。いやいや、ミッキーを見つけたので撮ってみました。
耳か鼻をかじりたくなってしまいました(笑

 

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

KITTEアトリウムにあるクリスマスツリー

メリークリスマス!
いろいろなヒト・モノ・コトとの出会いをつなげる「KITTE(キッテ)」
むむむぅ。どこかで聞かされ続けているフレーズによく似てる。確か昨日聞いたよ~な。
と内部の人間だけが笑える話はこれくらいにして、
1階アトリウムに飾られているツリーです。もー見られて写真を撮られた方も多いでしょうね。
まだ間に合いますよ。

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

KITTEアトリウムにあるクリスマスツリーを見下ろす

全体はこんな感じです。

 

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

郵便局長の執務室からの景色

4階にあります「郵便局長の執務室」からの東京駅です。
ここは休憩室になっています。待ち合わせにも使われているようですね。

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

KITTEガーデンからの東京駅(f2)

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

KITTEガーデンからの東京駅(f2.8)

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

KITTEガーデンからの東京駅(f4)

上から開放、f2.8、f4です。
f4まで絞るとやや硬くなりしまった写真になります。遊ぶなら開放からf2.8まででしょうね。
以前は正面から撮っていたのですが、いよいよ再開発も大詰めをむかえ駅前の開発が始まり殺風景感が強まりますので、撮影場所を今月からKITTEガーデン(屋上庭園)に変更しました。

 

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

JPタワー

JPタワーを仰ぎ見ての撮影です。
線の強さを感じるものの、空をビルの線で切り取った鋭さは感じられません。硬くもあり軟らかくもある、そんなレンズですね。

 

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

KITTEガーデンからの夕景

KITTEガーデンから撮った夕景です。って、こんな時間にランチとは・・・orz
ビルの日が当たっている部分と日陰の部分。共に鮮明な描写をしたことに驚いています。
飛びすぎず、つぶれない。デジタル用レンズとはちょっと違うメリハリ。欲しいかも、と一瞬気が緩んでしまいました(笑
あぶないあぶない。

 

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

三菱一号館美術館前

KITTEを後にしての開放チェック。
特に驚きはありません。このくらいボケるだろうなーと単焦点ならではの想定内の描写でした。

 

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

東京国際フォーラム

東京国際フォーラムに映り込むビルを撮りました。

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

東京国際フォーラム

灯りです。
8枚玉のような独特な描写はしてはくれませんが、光が当たった壁の質感を損なうことなく描写してくれています。
HDRを使うと壁にプラスチック感が出て味気がなくなってしまうので、オールドレンズは素のまま使うに限ります。

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

東京国際フォーラム

フォーラム最後の1枚は、PCのモニターから2,3m位離れて見て下さい。
枝の1本1本が背景に溶けること無く描写されており、ビルの小ボケが立体感を増してくれます。

 

ライカ ズミクロン35mm/2 ツノ付6枚玉

有楽町駅前広場

有楽町の駅前広場です。
この写真もモニターから離れて見て頂くと立体感がでてきます。
暮れゆく1日を撮りました。

今回で2014年の試写は終了です。
ライカLとMレンズ中心となってしまいましたが、来年はレンズの選択肢を広げていきます。

クリスマスが過ぎますと新年を迎える準備になります。
2014年は皆様にとってどのような年でしたでしょうか。お時間のあるときに1年分の写真をまとめて見るのも面白いです。
また2014年に撮った写真でアルバムを作ってみては如何でしょうか。
レモン社はじめナニワグループ各店では、大切な思い出を1枚のDVDに収めるサービスをご提供しております。
ご興味のある方はお近くの店舗へお問い合わせ下さい。

それでは、よいお年をお迎え下さい。

試写・お散歩担当:いりえ

 

 

万年筆の最初の1本はナミキファルコンとパイロットエラボーがおすすめです

前回の後半で紹介をしましたナミキファルコンですが、レモン社では取扱い10年以上の現在も今までにないヒット商品となっております。

趣味の文具箱vol.9でふわふわ万年筆という記事で取り上げて頂き、一昨年には海外のネット動画のカスタマイズされたSB(ソフトの太字)でまた盛り上がり、現在では国内名称のパイロットエラボーの3代目が赤い軸などでも販売されております。

もともとの初代は1978年に全国万年筆教会(協会)がパイロットに要望して誕生したとの事ですが2度にわたり姿を消したパイロットエラボーはもしかしたらナミキファルコンの影響もあってか2009年に2度目の復刻をしたのです。

とにかく驚くほど柔らかいペン先は他に類のない万年筆ですので是非一度お試しいただきたいところです。

ところが今回、海外仕入先からの連絡によると非常に残念な事ですがナミキパイロットのブランドが変更になりパイロットブランドのファルコンに変更されてしまうとの事です。

まだSB(ソフトの太字)とSM(ソフトの中字)の在庫は若干残っておりますが、この先はパイロットエラボーとパイロットファルコンのどちらを仕入れるか検討中です。     続く・・・

ナミキファルコン、パイロットエラボー、初代ジャスタス

ナミキファルコン、パイロットエラボー、初代ジャスタス

散歩がてら、フジXR56mmF1.2Rを。

今月はフジ製品について、レモン社銀座店/新宿店で「Xマウントセール」と銘打って販売強化中です。
メーカーさんのご厚意でデモ機もお借りでき(12/21撤収)、あれこれいじっているうちに「ちょっと欲しいかも」なんて思ってしまったのが大口径レンズ「XR56mmF1.2R」でして・・・ちょっと拝借して散歩に出てみました。太めの鏡胴ですがX-T1のハンドリングの良さもあり、両手のひらにスッポリはまる感じです。さて、場所は大田区多摩川台公園です。

XRで紅葉を・・・

ちょっと前後の奥行があったので、F2.8でAE。 X-T1+XR56mmF1.2R

季題としてはちょっと遅いかも、と思いましたが紅葉が綺麗でしたので、お約束の一枚。尚、今回の撮影はすべて「アスティアモード」で撮影しています。既に廃版となった「フジクローム ASTIA」が今でも恋しい・・・・

足元には落ち葉が一片。最短撮影距離で絞り解放を試してみました。
XRで浅い深度

さすがに大口径、ピントは慎重に・・・私は腰痛持ちなので、蹲踞でバリアングルモニタを活用しての撮影となりました。微妙な体の揺れがモロに影響します。おまけに老眼の為、液晶ファインダは「なんとなく」しか見えていません・・・

多摩川台公園と線路を挟んだお隣に浅間神社さんがましますので、そちらにも足を運びます

XR56mmF1.2R

大口径開放遊びなので、ハイキーもやむなし!     でも本当はNDフィルターが欲しいかも。

 

ある程度距離をとっての撮影。さほどボケませんが、「柔らかいな」といった印象。 

開放&逆光で意地悪な状況

開放&逆光で意地悪な状況

神社と云えば狛犬さん。ご両人(犬)登場。

うっかり絞りリングが動いた?F1.6。で撮影

うっかり絞りリングが動いてた?F1.6。で撮影

 

シャープだけど硬くない。そんな感じ。

シャープだけど硬くない。そんな感じ。

ついつい開放側ばかりで使いたくなってしまうのは悪い癖ですが・・・折角の大口径レンズですから、ねぇ?
X-T1のハンドリングの良さもあるので、夜間のスナップ撮影なんかにも威力を発揮することでしょう。

頭からニョロっと毛が・・・

そろそろクリスマス。御自分へのプレゼントならレモン社へ

「一眼レフ、でかいよなぁ」とお感じの貴方、ミラーレス機ならレモン社をご用命下さいませ。

お散歩写真(2014年12月17日)

昼休みに銀座をぶらぶらしますと、スナップ写真や記念撮影を楽しまれていらっしゃる方を見かけます。
ホコ天の時はそれが顕著になります。

毎日のように銀座に通っていますと、周りのもの全てが平凡で特に目を止めるものがなくなってしまいます。
感覚が鈍っているだけで、本当は「平凡」ではなく「特別」なんだと思います。

いつもは広角系で撮っていますが今回は中望遠です。
SIGMA DP3 Merrillを使いました。

まず、ネットで色々検索すると

  • 手振れ
  • 赤の発色
  • 慣れない画角

が目につきました。

手振れが起こりやすく注意喚起をされている方が多かったです。
「1/焦点距離」以上のシャッタースピードをきれば手振れは起こりにくくなりますから、75mm相当なので1/75を意識しました。

次に赤ですが、赤の発色はピカイチとのこと。
また、はまった時は最高と言われる(書かれている)方が多いのですが、はまったかはまらなかったかは主観。なーんの参考にもなりませんorz
ローパスレス機の登場で陰を薄めた感があるFoveon X3ですが、先駆者的なDPシリーズに敬意を表すのと興味があり導入(購入)に踏み切りました(笑

隅田川テラスでテストを行い、ネット上にアップされている写真を参考にさせて頂いてから銀座散歩しました。

銀座4丁目-ディスプレイ-

銀座4丁目-ディスプレイ-

今回、唯一の朝(出勤途中)の写真です。
店内の照明が点灯されるとイメージが変わってしまうようで、灯りが少ない内に撮りました。
ポートレートを好んで撮っていましたので中望遠は慣れているつもりです。でも、スナップはちょっと違いますね。

銀座4丁目-GAP-

銀座4丁目-GAP-

太陽の当たり方で面白い写真が撮れるのですが、この日は遅い昼食だったので日が当たっていませんでしたorz

銀座5丁目-街灯-

銀座5丁目-街灯-

中央通りの街灯は数年前に刷新され格好よくなりましたが、こんな街灯の方が個人的には好きです。

銀座4丁目-和光-

銀座4丁目-和光-

銀座のシンボル。和光の時計台です。

銀座4丁目-ミキモト本店-

銀座4丁目-ミキモト本店-

ミキモトのジャンボクリスマスツリーは本店の建て替えに伴い、1976年からの歴史に幕を降ろします。
冬(クリスマス)の風物詩で、無くなってしまうのは寂しい限りです。

銀座3丁目-松屋-

銀座3丁目-ディスプレイ-

美しいシャンデリアでした。

銀座2丁目-ブルガリ-

銀座2丁目-ブルガリ-

巳年の年賀状で使わせて頂いたことがあるブルガリ。
ここもミキモトと同様に多くの方が写真を撮られていらっしゃいます。

銀座3丁目-イルミ-

銀座3丁目-イルミ-

最後は手振れへの挑戦です。
ブログ用の写真を(これでも)選抜したとき、絞りF4.5の写真が選抜されました。
被写体毎に絞りを変えたかったのですが、絞りF4.5でシャッタースピードの収まりがよかったから変更しなかったんです。
でも、これはISOオートにしていたからで、寒くても1枚1枚丁寧に撮らないといけませんね。猛省。

 

おまけ
残念ながら赤を撮っていなかったので銀座で赤を探し求めたのですが見つからなかったので、カラーからグレイスケールに変換するのと違い黒のしまりがいいと評判だったので

銀座4丁目-ディスプレイ-

銀座4丁目-ディスプレイ-

11月から開始しましたお散歩写真ですが、今回で2014年は最後となります。
かなり早いですが、よいお年をお迎え下さい。

ありがとうございます。

尚、レモン社は2014年より大晦日まで営業致します。
※但し、銀座店・新宿店は17時まで、三越店は18時までの時間短縮営業となります

担当:いりえ

 

1フジ、2鷹、・・・

もう幾つ寝るとお正月?そろそろ両手両足でカウントできる頃合となりました。
昔から正月と云えば、「お正月を写そう フジカラーで写そう」のCMがお馴染みですが、レモン社銀座店の12月はとにかく「フジ」推しです。

只今、富士フィルムさんのご厚意により「Xマウント」のデモ機が充実中!

12月はフジXマウント製品セール実施中です。

只今、メーカーさんからデモ機をお借りしています。
大・中判も含めフジの中古品は10%OFFで販売中!

店頭では「Xマウントセール」実施中です。富士フィルムさんは現在「X-T1」ボディ&「Xマウントレンズ」はキャッシュバックキャンペーンも展開中ですが、レモン社も「下取り優待値引き」を実施中。まずはお手に取って見易いEVFをご覧ください!
新品「X-T1」お求めの方にはSD16GB(トランセンド製・UHS-1)をレモン社からプレゼントいたします。

ところで年賀状の準備はお済みですか?レモン社ではまだまだ年賀状印刷、承っております。
レモン社銀座店にご来店の際、スタッフまでお申し付けくださいませ。

 

 

お散歩写真(2014年12月10日)

ここ数日冷え込みが厳しいのですが今日は天気がよかったので、隅田川テラスを使っての散歩です。
目的地は湯島天神だったので湯島天神の写真でもよかったのですが、お供のリコーGRデジタル4(以下、GRD4)を約1年振りに使うにあたり設定に苦労しました(笑
1年は短くもあり長くもあります。
残っていた設定の意味、意図をすっかり失念してしまいました。
そこで折角苦労したので隅田川テラスの写真にしました。湯島天神はまたの機会に。

隅田川テラス1

永代橋

隅田川テラス2

清洲橋

画像設定をビビットにしての撮影です。
経年変化による目の衰えは否めず、派手な色彩にしないと・・・orz
と、言ってもUPしたのは色彩云々関係ありませんでしたね。

隅田川テラス3

首都高

ハイコントラスト白黒は導入初期に多用しました。強烈な印象を写真にもたせることができます。

隅田川テラス4

隅田川テラスから臨む東京スカイツリー

隅田川テラス5

新大橋

ポジフィルム調で撮りました。
先日、またポジフィルムが一種類無くなってしまいましたね。
フィルム全盛時には被写体、撮影時期などによってフィルムを変えたもので、往時を忍んで撮りました。
またコンデジのエフェクトは面白いですね。フィルム時代に出来なかったことを楽しんでいます。

隅田川テラス6

首都高 再び

老朽化が目立つ高速道路。
補修なのか点検なのか、寒い中、チェックされていました。

隅田川テラス7

両国橋

両国橋で一端、隅田川テラスから離脱しました。
隅田川テラスは右岸も左岸も何度か一般道に出ないといけません
橋の両端4カ所にある球体。これが橋に重厚感を与えてくれます。

隅田川テラス8

柳橋(隅田川テラスじゃないけどね)

柳橋でブリーチバイパス(銀残し)で撮影したのですが、以前とは何となく写真の感覚が違っていました。
何らかの設定が足らない。
そこで、色々と試行錯誤。

隅田川テラス9

ブリーチバイパスの比較

左右共にブリーチバイパス(寒色)なのですが、右は光量落ちの設定”あり”で更にアンダーに。
印象が大きく変わります。
いいか悪いかではなく、好みの問題です。以前は右のような写真が多かったのですが、左側で露出をオーバーにすると幻想的な仕上がりになります。被写体次第ですけどね。

隅田川テラス10

蔵前橋

蔵前橋で本日は離脱です。
※ポジフィルム調

隅田川テラス11

蔵前橋の欄干

蔵前橋の手前は相撲に関するオブジェが多くなります。
橋の欄干も相撲の土俵入りを連想させてくれる装飾が施されています。
※ブリーチバイパス(寒色)

隅田川テラス12

まだ残る紅葉

蔵前通りに出て直ぐの紅葉。
まだ色濃くしかりとした彩りでした。

隅田川テラス13

上:カラー、中:ブリーチバイパス、下:ポジフィルム調

最後は湯島天神から帰ってきて隅田川テラスに出てみました。
もちろん現行品のGRにも搭載されている機能のオートブラケット(画像設定BKT)で撮影しました。
1度で3枚撮れるのは助かります。
この機能を使うのは今日が初めてです。知ってはいたのですが、なぜ使わなかったのか自分でも不思議です(笑

デジタルカメラの黎明期は画素数、それから機能の充実でライフサイクルが1年ともたなかったのですが、ここ数年は落ち着き感がみえてきました。
リコーGRD4は3年も前のカメラですが、まだまだ十分使えると判断致します。
1世代前の中古ならメーカーの修理は継続されていますので、目新しい新品の他に1つ選択肢を広げてみては如何でしょうか。

レモン社銀座店、新宿店、三越店の実店舗に足を向けて頂ければ幸いです。
店頭で迷われたら店員に商品コード(PLU)をお尋ね下さい。インターネットでもお求め頂けます。
因みに、2014/12/09現在、銀座店にGRD4の在庫はございません。悪しからず。

 

1 / 212